彼女 別れる方法は当社選出方法で

kanojyowakareru

つきあい始めたときにはまるで想像もつかなかった、別れる瞬間のこと。
まさかこんなに愛している彼女 別れる方法に数年後悩むことになるなんて・・・人生はわからないものです。

誰だって、今まで愛して大事にしていた彼女に別れを告げるのは嫌です。
でもあなたはそれを選んだのですよね。
理由はいろいろとあることでしょうが、長い人生の間で初めて会った女性と添い遂げることの方が難しいのです。
つらいですが、別れは何度か体験しなければならないことです。

しかし、別れるにも別れ方というものがあります。
急に飽きたからと今までの思い出無視でこっぴどくふるのは人として間違っていますし、
ましてや他にかわいい子を見つけてそちらに乗り換えるために今の彼女を捨て去るなんて、とんでもない話です。
もっとも紳士的な態度で臨まなければいけないのが別れる瞬間です。「別れ方」にも、きちんと作法があるのです。

「そんなことはわかっている、きちんと話し合って別れた。それなのにこじれて修羅場になった」と言うあなた。
きっとそれは「話し合い」ではなかったのです。
あなたにとって別れることは決定事項で、単にそれを伝えただけだったのでは?彼女にとっては青天の霹靂。
なんの心の準備もしていなかったところに、突然そんなショックなことを聞かされただけ。
それでは話し合いでもなんでもありません。修羅場になるわけです。
仮に自殺未遂なんてされたらどうしますか?笑いごとではありません。そうなる可能性だってないわけではないのです。

急に別れを告げられたら、パニックになるのは当然です。
あなたも焦って別れを告げないこと。しっかりと準備期間を設けましょう。

具体的にはどうしたらいいかというと、まずデートや電話・メールの回数を減らしていきます。
なんとなくあなたのテンションが下がっていることをにおわせて、彼女の熱も少しずつ下がるように仕向けます。
だからといって自然消滅を狙うのではなく、準備が整ったらきちんと別れ話を切り出します。
彼女もちょっとはこの空気を察しているだろうし、あなたも冷静に話せるようになっているはずでしょう。

女性はそのときの感情に支配されやすいので、「この人を失ったら、もうこの先ずっとひとりぼっちのまま」という妄想を抱きがちです。
そんなふうにさせないためにも、突き放した言い方はせず、お互いこの後いい人生になることを感じさせるような話し方を心がけましょう。
それが彼女への最後の思いやりです。

しかしこれを読んでいるあなたは、もしかしたら「もっと早く教えてよ・・・もう遅いよ~」とつぶやいているかもしれませんね。
すでに最初の対応を間違えて、修羅場まっただ中にいらっしゃるのでしょうか。

彼女を傷つけてしまったのは残念ですが、そんなふうになってもやっぱりやり直す気にはなれない、そうお考えであれば、ぜひ私どもにご相談ください。
本当は初めから穏便に事を進めるお手伝いがしたかったのですが、こじれてしまってからが私どもの本領発揮、とも言えます。

あなたがこれまで大切にしてきた彼女の気持ちを和らげ、これから新たに素敵な人生を送れるように、これまでの経験と実績からの選出方法で働きかけます。
安心しておまかせください。