別れさせ屋にしか出来ない仕事~その②

deki2naishigoto

前回投稿させて頂きました記事にて、
別れさせ屋にしか出来ない仕事として、
ターゲットへの接触について説明させて頂きました。

今回は前回に引き続きとなりますが、
まずは前回のポイントから、おさらいさせて頂きたいと思います。

前回の記事では、赤の他人同士の接触において、
接触のメリット(利益)が接触される側(ターゲット)に発生しないと、
なかなか良い接触にならない、、という趣旨のご説明をさせて頂きました。

そのメリットには、
①物欲的メリットと、
②心理的メリットがあり、
別れさせ屋では、
心理的メリットを巧みに利用している、、、
という所までご説明させて頂きました。

今回はその心理的メリットの部分をご説明させて頂きたいと思いますが、
少し細かいお話になってしまいますので、
長文ご容赦頂けたらと思います。

まず、別れさせ屋が一番に考えるのは、
当然ですが、、、
どうやったらターゲットと良好な関係構築が出来るか?
という部分となります。

良好な関係を構築する為には、第一印象はとても大切です。
しかし外見のみで出来るアプローチは限られております。
勿論、事前にターゲットの好みに合うような、
工作員の選出方法をさせて頂いておりますが、
外見が好み、、、という理由だけで、
そうそう仲良くなれるものでは御座いません。

ここに別れさせ屋では心理的メリットとしまして、
“共通性”と“共感性”
という部分を重視して、
成功確率アップを成し遂げております。

それではまず“共通性”を利用する手法をご紹介します。
例えば代表的な物の一つは出身地です。
皆さんもご経験が無いでしょうか?
知り合ったばかりの人や初対面の人、
その人と少し話をしたら、
出身地が同じで会話が盛り上がった!
という事が。

特に地方出身の東京などで生活しているターゲットの場合には、
工作員の出身地等をターゲットの出身地に被せる設定とする事が御座います。
この手法の効果が顕著に現れるのは、沖縄県の方や北海道の方などが代表的ですね。
事前情報にて出身地が利用出来そうな場合などは、
この心理的要素を手法として実施する事が御座います。

都会で暮らしている方は、故郷の話などが出来ると嬉しいし、
癒されるものです。
一気に親近感も湧き会話が楽しくなります。
事前情報にて、故郷でターゲットが足しげく通っていた店などがあった場合には、
その店を工作員が知っている、工作員も行った事がある、
食べ物屋さんであれば、『あそこの〇〇が美味しくて、、』
という話題でも盛り上がる筈です。

上記状況まで持ち込む事が出来れば、
連絡先交換率も上がり、ターゲットとの関係性は一気に進展します。
これが共通性を利用してターゲットを楽しい気持ちにさせる、、という

心理的メリットを利用した接触手法です。
ここにプラスアルファでターゲットの好みの容姿の異性、、
という、心理的メリットを更に追加して、
トラップ成功への道筋を立てる訳です。

どうでしたか?
ほんの一部では御座いますが、
今回は心理的メリットにおける、
“共通性”を利用した手法のご紹介をさせて頂きました。

次回はもう一つの心理的要素であります、
“共感性”の手法をご紹介させて頂きたいと思います。

別れさせ屋にしか出来ない仕事をもっと細かく知りたい!という方は、
弊社のお電話相談、メール相談におきましても、
専門スタッフが詳しくご相談に乗らせて頂いております。
24時間無料にてご対応させて頂いておりますので、
お気軽にお問い合わせ下さいませ。