離婚したい こっそり成功体験内容事例を教えます

kossoriosieru

縁があって夫婦になったはずの2人が、少しずつ考え方のすれ違いで愛が冷めてしまった。
ここまで深刻な状況になった場合、あなたは修復を考えますか?それとも離婚を考えますか?
これから先を考える上で、とても重要な選択になります。

 

離婚したい、と思ったらまず行動に移さなければずっとこのままです。
どうしても離婚は自分たちの問題だけではなくなってしまいますが、今の状況から抜け出したい、
人生をやり直したい、と考えるのなら行動する決意が必要です。

 

離婚をしたい、という理由は様々です。
異性関係や性格の不一致、また金銭面の問題や家庭内暴力(DV)、舅や姑との人間関係などざっと挙げただけでも沢山あります。

 

ただし結婚と違って離婚の場合は簡単には話が進みません。
お互い話し合っても結論が出ずに、裁判まで進んでしまうケースも多くあります。
多くは慰謝料や財産分与、親権の問題などがあり、ここをしっかり話し合わないと後に面倒な事が起こりやすくなります。
とにかく何もいらないので、一日も早く離婚したい、という考えだけで行動した結果、あとで失敗して後悔するような方もいらっしゃいます。

 

離婚したいのなら、離婚後の生活を第一に考え、判断し、行動することが必要です。
女性の場合は離婚後の就職先も考えなければなりません。
特に最近は夫の定年退職を待って離婚する、いわゆる熟年離婚が増えてきています。
財産分与などの面でしっかり話し合わないと今後の生活が不安ですね。
その話し合いの為に間に入ってくれる第三者が必要です。

 

離婚理由は自分に原因がある場合と相手に原因がある場合と両方あります。

 

私たちの成功体験内容を少しご紹介しますと、離婚理由が自分の異性関係が原因である場合、
相手側に自分の不貞がわからないにように、自分の不貞行為の隠ぺいを私たちに依頼して自分の不貞行為を伏せたままで離婚する、という事ができます。
夫、または妻の不貞の調査を依頼し、不貞をしているという確実な証拠を掴んで離婚調停の際に提出することにより、
伴侶からはもちろん不倫相手からも慰謝料を取ることができます。

 

離婚理由が相手の暴力(DV)の場合は、必ず医師の診断書をもらう事が必要です。

相手が離婚に応じない場合に備えて、確実な証拠を揃えておくことが基本です。
このような証拠を揃える場合は、秘密裏に行動してくれる第三者への依頼が最も確実です。

私たちには離婚調停であなたの方を有利に導くことができる成功体験内容の事例が多数あります。

 

私たちはプロの集団です。
秘密厳守はもちろんですが、匿名でご相談も承っております。

調停や裁判を有利に進める為、弁護士に依頼することがスピーディーでメリットが大きいですし、
私どもの方からご紹介することもできます。
離婚時は、親権や子供の養育費、戸籍などの法律関する問題も多く複雑です。やはりプロに依頼するのが一番でしょう。

 

一番重要なのはあなたの離婚したい、という強い意志なのです。
それにはまず行動することです。
あなたの次の人生に私たちがお役に立てるよう、サポートいたします。