別れ話 別れたくないならば厳選方法教えます

wakatekunai

彼からの突然の別れ話 別れたくない、とあなたが思っても、
彼氏の気持ちは一度固まってしまっているはずですから、
それを元に戻すのはとてもエネルギーがいることでしょう。

 

逆の立場に立って考えてみてください。
漠然と「別れようかな」と思っている段階はとっくに過ぎて、
具体的に別れ話をする段階になっているということは、自分の中ではほぼ確定事項となってしまっているのです。

 

だからといって、何もせず諦めてしまって泣く泣く別れ話に応じる・・・
ということができるなら、何も悩むことはありません。
さっさと気持ちを切り替えて、次の恋のための準備をしましょう。
人生は長くないのですから、無駄に悩んでいる時間はありません。
でも、残りの人生をどうしても彼と過ごしたい、絶対に別れたくない。
そう思うからこそ、今ここを読んでいるのだと思います。

 

まず、別れ話というショッキングな場面では、何はさておき冷静になることが重要です。
女性はとかく感情的になりがちです。
「どうして別れたいの?!私の何が悪いの?!」とヒステリックにわめきたて、
尋問状態になってしまったらそれだけで彼はもううんざり、別れは決定的になります。

 

ちょっと深呼吸して、「彼はどうやら私と別れたいらしい」という事実を一度受け入れましょう。
そして自分の何が悪かったのか、なぜ別れたいと思ったのか、原因と理由を話しやすい空気を作り、
真摯に聴く姿勢を見せましょう。彼も決して論理的な理由で別れたいと思っているわけではないかもしれませんが、
話をさえぎったりせず、あくまで落ち着いて冷静に話を聴きます。

 

原因と理由がはっきりしたら、今度は「どうしたら別れなくて済むか」を訊き、話し合ってみましょう。
彼ももしかしたら、自分でもどうしていいのかわからない状態にいて、
別れるしか選択肢がないと思い込んでいるだけなのかもしれません。
そうであれば二人で真剣に話し合うことによって、別れる以外の解決策が見つかる可能性もあります。

 

そこであまりいい方向に話し合いが進まなかったら、一度会うのをやめて考える時間を作りましょう。
少し距離を置き、頻繁な連絡はやめます。つらいでしょうがぐっと我慢です。
お互いがお互いのいない時間を過ごすことによって、それがどういうものなのかを味わい、
今後のことを考えるいい期間になるはずです。
もしかしたらこの期間中に、彼も別れることを思い直してくれるかもしれません。

 

しかしこの冷却期間でも彼の気持ちが変わらなかったとしたら、
このままいくと本当に永遠にお別れかもしれない・・・いよいよそんな焦りが出てくるかもしれませんね。
ここまで冷静にがんばって対処してきたあなたも、もうお手上げ状態になっていることでしょう。
しかしもう一歩です。私どもが力をお貸しします。

 

男性の心は、女性からすると単純に見えても謎が多いため、私どものこれまでの経験と実績から、
男性の心理を上手に読む厳選方法をアドバイスいたします。
一緒にもう少しがんばりましょう。また笑顔で、大好きな彼と過ごすことができるように。